愛すべき看板たち

まち中で

あらゆる注意を促す看板。

それらの存在は散歩に厚みや深み

演出してくれます。

なぜその場所

どのような意図背景があって

それらは設置されたのか。

それらを吟味することは、

それらの生みの親たちと対話をする

ということであり、

看板を考えることは、

彼らの視点を学ぶ

ということでもあるでしょう。

私たちはそんな愛すべき看板たち

人の手によって作られたもの

として認識し、愛でています。