あのラーメンをもう一度

ゆかり散歩

Written by likka

15年以上も前のこと。忘れられない思い出の味がある。

当時自転車に乗りたての頃、父とよくサイクリングに行った。行き先を決めずただ道を進むだけ。当時の自分にとっては、冒険とか探検とかそんな風に感じてた。

その時たまたまたどり着いたのがそのラーメン屋だった。普通の町中華みたいな、こじんまりとしたラーメン屋だったと思う。

味も普通に美味かった。多分疲れていたというスパイスも加わっていたけど。なぜか一緒に出てきたおしんこを絶賛していたことを覚えてる。とにかく、そのことを母に報告して嬉しくなっていた。自分が見つけた美味しいラーメン屋の話。母には「おしんこの味なんてわかるんだ〜」と小馬鹿にされたけど。今はもうその場所からは引っ越してしまって行くことはない。場所も覚えてないし。

 

もう一度あのラーメンを食べたい。

 

普段味の濃いラーメンばかり食べているけど、頭の片隅にあるその暖かさを考えると急に尊く思えてくる。そんな記憶の中のラーメン。なんだか行くべきな気がしてきた。

母の情報によると、そのラーメン屋は千葉の「大野小学校」の近くにあるらしい。その情報を頼りに15年ぶりにそのラーメンを食べに行こうと思った。

もちろん、ラーメンまでの道のりは散歩します。だって散歩のブログなんだから。少々お付き合いください。

ラーメン屋を目指して

京成菅野駅

やってきたのは京成菅野駅。めちゃめちゃ晴れてます。目印である大野小学校の方角をなんとなく把握しておいて、いざ出発。

以前にも僕の地元が記事になっているのでそっちもよかったらどうぞ

likkaのふるさとにいってみよう ~前編~
written by ごしき 僕とlikkaが仲良くなったのは中学3年生の時にクラスが同じになったことがきっかけだった。 僕たちは今年で22歳なので、かれこれ7年くらいになるかな。もっと長いかと思ってた。 彼は今住んでいる、つまり...

現在時刻は11:30 下校中の学生が多いのはなんでだろう。

千葉にとって道路は命。綺麗に整備されていますね。

こんな場所にも公園がある。下の犬の顔がむかつくな〜。お前のやろ〜。

ドローンも飛ばしたくなるほどの開放感あふれる公園です。たしかに「ここならいいだろう」と思ってしまいそう。まさかダメとは。

散歩をしていて「学校」をみつけると非常に嬉しい。マイクラで村を見つけた時くらい嬉しい。そんな中、学校の中でもレアな私立のでっっかい学校を2つも見つけてしまった。

写真では伝わりにくいですね。私は生涯公立学校なので、バカでかい綺麗な校舎に憧れるんですよね。はあ〜こんなに近くに2つもあるなんて!

 

ント

ボロボロになりながらも必死でポールを支える桶。どこか年末感が漂っている。

しばらく歩いていると、む、なんだ「菅野終末処理場」!?なんだか怖い名前の施設を発見。

調べてみると、どうやら汚水処理などをしているところみたい。この辺川多いもんね。この子供が泣き出しそうな名前はどうにかならないのかな。

施設の屋上にはテニスコートや遊具が。「近辺住民の方々の憩の場として利用されて」いるらしい。この写真は動かなそうで動く遊具。前後に揺れるよ。

屋上の砂場におもちゃが置いてあることに感動。東京だと半日で全てなくなります。

汚水処理場の屋上に「テニスコート」「遊具」「砂場」を設置するセンス、さすがであった。

終末処理場のお隣には「市川市児童交通公園」が。こんなのが平然とある街、好きになってもしかたないよね。

踏切

小さめの信号

こどもたちが練習しているのを見守りながら、交通公園を後にした。この子達が活躍する将来が楽しみでしょうがない。

何にしてもあんまり「追放しよう」とは言わんやろ。

川沿いから

道路に来ました。目的地までひたすら歩いていきます。千葉特有の交通量多いのに狭い道路です。

心配なのが時間。昔ながらのラーメン屋とかだと、早めにランチが終わってしまうかもしれない。あまりのんびりしてられないぞ。

あ!さっきの看板。追放するのは「ふん公害」と「放し飼い」だ。うん、追放しよう!

下から生えてきたのかな?なんか吊るし上げられてるみたいでかわいそう。。

 

 

その後、撮れ高が無いまま結構歩きました。懐かしさを感じつつ絶妙に忘れてしまっているみたいな体験を何度もしました。当時の行動範囲なんてしれてるからね。すると「大野」という名前がちらほら見えてくるようになりました。

ついにラーメン屋へ

大野中央病院が見えました。これは大野小学校も近いぞ。どきどきしてきた。

 

しかしその時、私の視界に衝撃の光景が広がっていた。。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました